色とりどりエンジニア

「Ruby」で目指せエンジニア!

エンジニアを目指すなら注目のRubyを狙え

メニュー一覧

注目の言語はRuby

注目の言語はRuby

様々な種類があるプログラミング言語の中で、今からはじめるなら狙い目なのがRubyです。もっともよく採用される場面はWebアプリケーション開発ですが、インフラ系にも使えます。Rubyの最大の特徴は、簡単・シンプルであるということです。プログラミング初学者も入りやすい言語といえるでしょう。Rubyひとつで全てを完結させられるわけではありませんが、汎用性が高く活用できる場面も多いため、覚えるとかなり便利です。

Rubyとは何か?

Rubyとは何か?

まつもとゆきひろ氏によって作られたRubyは、世界に通用する国産のプログラミング言語です。Rubyの魅力の一つは誰もが無料で使え、ソースコードも公開されていることです。ブラックボックスではありませんから安心して利用できますし、多くの人の助言や提案によって、修正・改良が期待できます。そして、「ちょっとした処理を簡単に書ける」というのも大きなメリットです。作業によっては、小さな処理でも面倒な手順が必要な言語より、Rubyを利用した方がずっと効率が良くなります。

特徴は書きやすさ

特徴は書きやすさ

初心者にオススメといわれるプログラミング言語Rubyの最大の特徴は、簡単にプログラムが書けることです。Javaだと何行にもなってしまうプログラムを、Rubyだとたった数行で実行することができます。そのため、初心者でも比較的覚えやすいプログラミング言語となっています。また、RubyでWebアプリケーションを作りやすくした「Ruby on Rails」は多くのプログラマーに利用されており、現在多くのホームページはこのシステムを使って作られています。

効率的な学習ステップ

効率的な学習ステップ

Rubyは決して「学習のハードルが非常に高い難解な言語」というわけではなく、むしろ簡単な部類に入るのですが、実際には挫折してしまう人も少なくありません。その原因が学習方法にある場合、効率的な学習を心がけることで挫折を防ぐことができます。「基礎知識を得るステップ」「サンプルコードを動かして学ぶステップ」「これまでの復習をするステップ」「実際にアプリを作るステップ」という4段階を意識して、一歩ずつ着実に進めていきましょう。

Railsを活用しよう

Railsを活用しよう

Ruby on RailsはWebアプリケーションを簡単に作れるフレームワークです。他のフレームワークでは、開発を始めるためにサーバーやデータベースのインストールが必要になることもありますが、Ruby on Railsなら準備することはほとんど無く、思い立った時にすぐ開発を始めることができます。そして、MVCアーキテクチャのコードのひな形を自動的に作ってくれる機能があるのも大きなポイントです。これは動作テストのためのコードの生成機能と共に、開発の大きな手助けとなる便利な機能です。

エンジニアを目指す人におすすめの記事

独立の心構えを知ろう
独立の心構えを知ろう
スキルを収入に換えよう
スキルを収入に換えよう
色々な言語について知っておこう
色々な言語について知っておこう

PAGETOP