色とりどりエンジニア

「Ruby」で目指せエンジニア!

エンジニアやプログラマーの分類を知る

メニュー一覧

プログラマーの分類とは

プログラマーの分類とはプログラマーとしてスキルアップ

プログラマーの種類とその仕事

プログラマーと言えば今や職種としてはあまりに一般的になっています、一口にプログラマーと言ってもその種類はいろいろあり、インターネット上で動作するWebプログラマー、ゲームを開発するゲームプログラマー、そして会社などで使う業務アプリケーションなどを開発する一般的なシステムエンジニアまで様々です。その種類によって必要な言語や知識、その他のスキルも変わってきます。もしあなたがプログラマーとして職を探すのであればまずはなりたいプログラマー像をしっかりと明確にしたうえでその職種に適したプログラム言語を学んでおくことです、プログラム言語はプロにならずとも勉強することはできます。特に主流となっているRubyなどのプログラム言語を学んでおくことが今後のためになります。

今注目のRubyを使ってWebプログラマーへ

現在需要が多いプログラマーとしてはやはりRubyやJava、PHPなどが使えるWeb系のエンジニアです、会社や組織においてもLAN環境を使って利用するようなプログラムは今や企業において必須です、データベースや予算管理、さらには顧客管理など全てにおいて求人案件が多いためオススメです。
Rubyはオープンソースの動的プログラム言語です、これまでのプログラム言語にはないシンプルさ、そして生産性の高さで注目されている言語です。プログラム初心者でも英語を読むように自然に読むことが出来るため覚えやすいのもRubyの魅力です。なんといってもRubyは日本人が開発したオブジェクト指向言語であることも注目すべき点です。同じ日本人であればなおさら共感できる部分が多いというわけです。C言語プログラムやライブラリを呼び出す拡張モジュールを組み込むことで過去資産を活かすことも可能です。Webプログラマーとして在宅勤務で自宅で作業をするソーシャルワーカーさんもたくさんいらっしゃいます。

ますます増加するオープン系

オープンなプログラム言語やOSなど、コンピューターの世界では今やほとんどお金をかけずとも良いシステムを作り上げることが可能になっています。OSであればLinux。プログラム言語であればRubyといったようにソフト的にはそれほどお金をかけずにWeb上で動作するシステムを構築することが可能になっています。Linuxなどは非常にクリティカルな領域にも利用されているほどその信頼性は高いオープンソースです。その他にもネットワーク機器を使ってシステム開発する通信系のプログラマーなども当たり前のようにネットワークを利用する現代においては必要とされているジャンルになっています。当然ネットワーク系の場合はプログラム言語以外にもネットワークに関する知識が必要不可欠となります。

エンジニアを目指す人におすすめの記事

独立の心構えを知ろう
独立の心構えを知ろう
スキルを収入に換えよう
スキルを収入に換えよう
色々な言語について知っておこう
色々な言語について知っておこう

PAGETOP