色とりどりエンジニア

「Ruby」で目指せエンジニア!

Ruby、Perlなど多様なプログラミングの世界をのぞく

メニュー一覧

多様なプログラミングの世界

多様なプログラミングの世界

プログラミング言語とは、コンピューターに指令を出すための言葉です。ひとつだけなら楽なのですが、実際には様々な種類のプログラミング言語があり、開発の分野や用途などによってそれぞれ使い分けされています。プログラマーという職業ならどんな言語でも扱えるかといえばそうではなく、Javaが得意だったりC専門だったりと様々です。フリーランスエンジニアとして働くなら、複数の言語を扱えた方が案件の幅が広がり有利です。なぜこれだけ多くの言語が存在するのか、またそれに付随したプログラマーの分類についても説明します。

色々な言語について知っておこう

色々な言語について知っておこう

プログラミング言語の代表的なものをまとめました。中にはスクリプト言語やライブラリもありますが、今では重要な要素となっているので含めました。特に現状ではWeb系の言語がめざましい発展を遂げているので比率が多くなっています。ですがC言語等の言語も組み込みの際にはよく使われているものです。その需要と言うのは未だ衰えません。また、Rubyのような新興勢力、というにはもう20年以上経ちましたが、こうした新しい言語にも注目すべきでしょう。

たくさん種類がある理由

たくさん種類がある理由

幅広い分野で使われるJavaや高速なC++などのメジャーな言語の他にも、この世界にはたくさんのプログラミング言語があります。PerlやJavaScriptのようなスクリプト言語では、Rubyも有名です。世の中にこんなにも多くのプログラミング言語があふれている理由の一つは、さまざまな目的に特化した言語が求められたためです。日々の作業や仕事を効率化するため、今後も多くの人々の手によって新しいプログラミング言語が生み出されることでしょう。

プログラマーの分類とは

プログラマーの分類とは

プログラマーを目指すならまずはやりたい職種を明確にすることが大切です、自分が得意な分野は何なのか?しっかりと見極めてそれに合ったプログラム言語はなにかを知ることです、そうすればおのずと学ぶべきプログラム言語がわかってきます。Rubyなどこれから主流になりそうな言語を学んでおくことは自分のスキルアップにつながるとともに就職や転職にも有利に働きます、是非これを機会に自分をしっかりと見つめなおして適格なスキルを身に付けましょう。

エンジニアを目指す人におすすめの記事

独立の心構えを知ろう
独立の心構えを知ろう
スキルを収入に換えよう
スキルを収入に換えよう
色々な言語について知っておこう
色々な言語について知っておこう

PAGETOP