色とりどりエンジニア

「Ruby」で目指せエンジニア!

Rubyを扱うフリーのエンジニアとして成功するための心構え

メニュー一覧

独立の心構えを知ろう

独立の心構えを知ろうフリーランスになるために大切な心構えとは?

フリーランスになるとどう変わる?

最近では、フリーランスとして独立して働くという方も増えています。ライフスタイルの変化により、正社員と言う働き方だけではなくフリーランスとして活躍する方が増えているのです。しかし、フリーランスと言ってもまずはしっかりとした心構えが必要となります。フリーランスになるのに必要な心構えとはどういったことでしょうか。
まず、フリーランスとして働くために必要な心構えとして、「全て自分の責任になる」ということを頭に入れておきましょう。仕事に慣れない初めの方はミスなどもあるかもしれません。しかし、自分一人でもコツコツと頑張っていくとミスもなくなり慣れていくはずです。

キャリアを自分で考える必要がある

フリーランスになると大きく変わってくるのが、自分のキャリアを考えてくれる人がいない、ということです。フリーランスになると少ない時間でも自分の努力次第でたくさんのお金を稼ぐことができますが、何のキャリアもない場合は数年後に困ることも多いです。例として、若いうちは仕事もあり安定していたが、50歳ぐらいから仕事が減り困っているというエンジニアもいるようです。多くのプログラム案件では、やはり年齢でフィルターをかけていることも多く、40歳ごろから案件が減りだすこともあるようです。このため、年齢的に厳しくなる前にキャリアを積むことが必要です。特殊なスキルを身につけるようにしましょう。例えば、ずっとテスターをしている場合などは特に何もスキルがないこともありますので、仕事がなくなってしまうということもあるようです。業務知識をさらにつけて資格を取ったり、マネジメントなども行うなど努力することが必要となります。

仲間を見つけ、モチベーションを高めよう

フリーランスの場合、社員とは違い仲間がいないことが多いです。この場合、相談をすることが出来なくて寂しい思いをすることが多いです。しかしシェアオフィスなどに通うようにすると、起業している人やフリーランスの人が多いので、フリーランスの人と仲良くなる機会があります。フリーランスとして一人で仕事をしているとモチベーションが下がってしまうこともありますが、このように仲間がいれば愚痴などを言う場所ができますので、気分が発散できますし、やる気が出てくることも多いです。まずは仲間を作り、そしてモチベーションを高めていくようにしましょう。 自分が仕事について話せることができる場所を作ることが大切なのです。

エンジニアを目指す人におすすめの記事

独立の心構えを知ろう
独立の心構えを知ろう
スキルを収入に換えよう
スキルを収入に換えよう
色々な言語について知っておこう
色々な言語について知っておこう

PAGETOP