色とりどりエンジニア

「Ruby」で目指せエンジニア!

Rubyを扱うエンジニアの求人探しに役立つサービスをご紹介

メニュー一覧

求人情報サービスを使おう

求人情報サービスを使おう安定したフリーエンジニアになるために

エージェントサービスを活用しよう

Rubyを扱うフリーエンジニアになって、Web系システムの開発案件を受注するなら専門のエージェントを利用してみましょう。自分では探してくることができないような案件もエージェントを使えば簡単に受注することが可能になります。特に、有名企業などでは求人情報サイトに公開することをせず、こうしたサービス業者に非公開で人材を集めることもあります。現在ITエンジニアは人材不足であり、十分なスキルを持ったエンジニアであれば引く手あまたの状態です。安定して仕事を確保するためにもエージェントの活用を検討しましょう。

求人情報サービスとは

前述のとおり、エージェントといわれる人材紹介を専門に行う会社も増えてきています。また、多くの求人サイトでも専門のコンサルタントをおき、求職者へ仕事を斡旋しています。違いとしては、前者はフリーランスを前提にしている点で、後者は一般的な求職者を対象にしています。そのためエージェントを利用すると、就職や転職の情報というよりは、案件単位での情報を得ることができます。ほとんどは出向という形で依頼元の企業で作業を行うことになるでしょうが、その組織に属する必要がなく。この違いが両者の大きな違いとなります。

エージェントを利用するメリット

まず、独立したてのエンジニアは自らの力で仕事を獲得することが大きなハードルとなることを意識しなければなりません。今までサラリーマンとして働いていたエンジニアであれば、仕事が無いという状態を経験することはないでしょう。しかし、フリーランスとして独立すればこうした状態が簡単に生まれてしまうということです。仕事がなければ収入もありませんから、死活問題となります。
しかしエージェントに登録しておけば、仕事の隙間を作らなくて済みます。エージェントには、予め自分のスキルや希望条件、働ける期間などを登録しておけますので、仕事が無い状態を回避することが可能です。また前述のとおり、大手企業はエージェントを使って非公開に人員補充を行います。フリーランスであっても大きなプロジェクトに参加できる可能性がうまれます。
また、エンジニアであれば営業を苦手とする人も少なくないでしょう。自分で仕事を発注してくれる元請け会社を探すことは営業経験が無いエンジニアには苦痛でしかありません。エージェントは自分に代わって営業してくれるだけでなく、報酬額などの条件交渉まで請け負ってくれるのです。軌道に乗るまでエージェントを利用するという方法もあるでしょう。フリーランスとして生きていくことを決めたならこうしたサービスを上手に活用することが生き残っていく術ともいえます。

エンジニアを目指す人におすすめの記事

独立の心構えを知ろう
独立の心構えを知ろう
スキルを収入に換えよう
スキルを収入に換えよう
色々な言語について知っておこう
色々な言語について知っておこう

PAGETOP