色とりどりエンジニア

「Ruby」で目指せエンジニア!

フリーのエンジニアになったら収支管理を徹底すべし

メニュー一覧

収支管理を徹底しよう

収支管理を徹底しよう生き残るためのフリーランス収支管理術!

収支管理を徹底すること

フリーランスの人は、充分な収入を得るために日々努力することが必要です。例えばフリーランスの場合、毎月の収入が安定しなかったり、また年収の80%をすぐに稼ぐことが出来たりなどもします。このため予算を建てたり、また貯金をしたりといったルールを適用するのが難しいことも多いです。そのため、収支管理を徹底することが必要となります。フリーランスの方が収支管理を徹底するためには、どのようなことが必要なのでしょうか。
まず、フリーランスの方は自分の数字を把握するということが必要となります。それは、生活をするために必要な稼ぎのことです。毎月の収入の見当がつかないという場合には、経費に着目するようにしましょう。月ごとに必要な収支を知ることで、収入の満ち引きをスムーズにすることができます。

緊急時にも備える

フリーランスの場合、個人としてのこと、そしてビジネスとしてのこと、その境界線があいまいになってしまっているということが多いです。こちらの二つの世界を分けておくことが必要となります。このため、財務記録を正確にしておきましょう。例えば、銀行口座をビジネスと個人ではそれぞれ別々にしたり、財務戦略を別にしたり、ワークライフバランスを保つことが必要です。
さらにフリーランスの方は、緊急時の対策を立てることが必要です。フリーランスの場合、仕事がなくなってしまうというケースもあり経済的に立ち行かない場合もあります。こういった緊急の事態にも備えておくことが大切です。会社員の場合、会社が収入の安定をある程度保証してくれますが、フリーランスの場合いつかは仕事を失うときが来るかもしれないということです。つまり、長期的な視点で万が一のことを考えておくことが必要となります。備えあれば憂いなしと言うことで、こんな事態が起こったとしても対応できるように計画を立てましょう。

引退計画を立てルールを作る

フリーランスには引退計画と言うものが必要です。いつごろ仕事がなくなるのかと言うことは誰も心配してくれませんし、このあたりは自分で計画が必要となります。リタイアはいつにするのか、ということなどを考えなくてはいけません。さらに、フリーランスにはしっかりとしたルールが必要です。お金の管理もそうですが、例えば銀行口座に振り込まている収入から、一定の額を定期的に貯金して節制するということも大切です。さらに、将来のことなども考えて、予算の目標も立てるようにしましょう。

エンジニアを目指す人におすすめの記事

独立の心構えを知ろう
独立の心構えを知ろう
スキルを収入に換えよう
スキルを収入に換えよう
色々な言語について知っておこう
色々な言語について知っておこう

PAGETOP