色とりどりエンジニア

「Ruby」で目指せエンジニア!

Rubyを習得してフリーのエンジニアになろう

メニュー一覧

フリーのRubyエンジニアになろう

フリーのRubyエンジニアになろう

Rubyを極めればフリーランスのエンジニアとして活躍することも可能です。エンジニアとしての実績や実務経験は必要ですので、一度は会社に勤めて現場経験をこなすというステップが必要ですが、ある程度のスキルとノウハウが身につけばフリーエンジニアとして案件をとることもそう難しくはありません。フリーエンジニアへの需要が高まっていることもあり、営業力に自信がなくても案件を探しやすい環境も整っています。エンジニアのキャリアプランの中には働き方もひとつの選択肢として組み込めるのです。

スキルを収入に換えよう

スキルを収入に換えよう

Rubyなど複数の言語を扱えるような高いスキルを持ったエンジニアの中には、「それを仕事に活かせない」という悩みを抱える人も大勢います。フリーランスという働き方を選択すれば自分の意志で自由に仕事を選べますから、最も自分のスキルが活かせる仕事を探すことができます。そして、スキルが高ければ高いほど得られる報酬は増加します。また、誰かに場所や時間を決められることなく、好きな所で自由にペースを決めて働けるというメリットもあります。

求人情報サービスを使おう

求人情報サービスを使おう

Rubyを覚えていざフリーランスとして自分の望む通りのワークスタイルを実現しようとしても、仕事が無ければ生きていくことはできません。起業の経験があれば別ですが、エンジニアの人が自分の力だけで案件を獲得し続け充実した生活ができるかといえば、そう世の中は甘くありません。そこでぜひ検討して頂きたいのがエージェントサービスです。転職コンサルタントなどとは異なり、案件単位で仕事を紹介してくれます。報酬や期間なども相談でき、自分にピッタリの案件を常に確保することができます。

収支管理を徹底しよう

収支管理を徹底しよう

フリーランスとして働くためには、しっかりとした収支管理が必要となります。フリーランスは正社員と違い、安定や保証がありませんので将来的なことも考えておくことが必要です。例えば、個人とビジネスは分けて別々でお金の管理をしておく。また将来的なビジョンを見据えて引退計画を立てたり貯蓄計画を立てておくなどの工夫が必要であるといえるでしょう。また、仕事が急になくなってしまった場合に備えておくということも大切です。

独立の心構えを知ろう

独立の心構えを知ろう

フリーランスとして働くためには、さまざまな心構えが必要とされます。まずフリーランスの場合、自分のキャリアを考えてくれる人がいませんので、自分なりにキャリアを積むことが必要となります。年齢的に仕事がなくなってしまう可能性がありますので、将来のことを考えて今からスキルを積むなどの努力をしておくことが必要です。また、自分一人でモチベーションを保てない場合には、同じフリーランスの仲間をつくることが大切です。

エンジニアを目指す人におすすめの記事

独立の心構えを知ろう
独立の心構えを知ろう
スキルを収入に換えよう
スキルを収入に換えよう
色々な言語について知っておこう
色々な言語について知っておこう

PAGETOP